スポンサーサイト

  • 2016.02.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ついに台本が完成/九鬼そねみ(努力クラブの稽古場ブログ)

    • 2015.10.17 Saturday
    • 00:49
    10/15(木)
    完成した台本を持って合田が稽古場に現れました。VOGAのロングラン公演を終えた川北さんも加わり、ラストシーンまで読み合わせをすることができました。
    「船の行方知らず」は数年前に劇団紫でやってらっしゃった作品の再演で、当時は私も観客として客席におりました。大学時代の遠い遠い冬の夜、余韻が残ったままの人間座からの帰り道を思い出し……こんなシーンあったかしらとか、ほぼほぼ忘れているなとか、いやそれでもこんなところが懐かしいとか、にやにやしながら、完本の日を迎えました。私のおぼろげな記憶では、どれぐらい改定されているのか、はっきり判断ができないのですが、この数年がしっかりと刻み込まれたよい作品になっていると思います。

    稽古場には熊谷みずほちゃんの所属している「森林浴」さんの代表、大休さんがいらっしゃっていて、稽古終わりに飲み会と相成りました。
    大休さんは誠実かつ的確な考察をしてくださり、合田と濃密な会話を交わしていました。本当にありがとうございました。
    私は西さんと喋りながら聞き耳を立てていましたが、ディズニーの不思議の国のアリスのくだりが聞きこえてきたとき、唐突に終了間際に観に行ったマグリット展を思い出しました。
    昨年末のヨーロッパさんのカウントダウンイベントにて、努力クラブが行ったマトリョーシカの劇の長ゼリフに、ジョルジョ・デ・キリコの絵を合わせた合田のチョイスが気になって、シュルレアリスムと名のつくものを追い求めるのが今年の目標になっています。不思議の国のアリスは、シュルレアリムを重んじる方々の好む作品の一つでしたね。

    マグリット展の展示作品には、玉や海、謎の切り紙といった、繰り返し出てくるモチーフがありました。私は今、とにかくそのようでありたい。明確な意図をもって、とにかく玉に、とにかく海になりたい。まちがって急に画鋲にでもなって、よくわからない作品にしてはいけませんね。
    もう台本は作っていただきました。役者は役者の仕事を一生懸命にしたいと思います。

    10/16(金)
    お休みとなりました。合田は西さんと交流を深めていたかもしれません。





    本番まで……もしかして、あと、20日くらいではないでしょうか?我々、本番まで走りますよ!ぜひ、劇場にお越しください。

    努力クラブ10
    船の行方知らず
    作・演出=合田団地
    【日時】
    11月6日(金)19:30〜
      7日(土)14:00〜/19:00〜
    8日(日)    19:00〜
    9日(月)14:00〜
    (全5ステージ)
    【会場】アトリエ劇研
    【料金】前売1,800円 当日2,500円
    【予約】https://www.quartet-online.net/ticket/fune
    【努力クラブのHP】http://www.geocities.jp/doryokukurabu/

    スポンサーサイト

    • 2016.02.10 Wednesday
    • 00:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM